« 090613審判は見た! | トップページ | 090628建築にはたらく力のしくみ »

2009年6月19日 (金)

090619アイスクリン強し

090619ice_web 本社への出張途中の船や電車の中で読みました。加古川図書館の本です。何時もは江戸時代の気も身体も弱い若旦那が主人公なのですが、今回は明治維新頃のお話。食い詰めた旧幕臣さんたちが警察官になって、ついで?にケーキ屋さんになるのがいたりして、色々やってくれます。軽くて読みやすい。自分で買うのはちょっとコストパーフォーマンスが悪いような気がします。気楽にどーぞ。書いたのは、畠中恵さん。私より8歳年下です。ファンタジー大賞の優秀賞を「しゃばけ」で受賞しています。出版社は講談社。初版は2008年10月20日、もともと「KENZAN!」vol1~vol5に2006年11月~2008年3月に連載されたもののようです。
ホニャ

|

« 090613審判は見た! | トップページ | 090628建築にはたらく力のしくみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 090619アイスクリン強し:

« 090613審判は見た! | トップページ | 090628建築にはたらく力のしくみ »